雨の日に聴きたい邦楽10曲

雨の日に聴きたい邦楽10曲


平成から令和の時代になって(←この文言は聞き飽きるほど多用できますね)、2カ月が経ちました。

6月後半からの梅雨に入り、7月になっても雨がち曇りがちで、ジメっとした日が多続くる時期です。梅雨に入ると、太陽の光を浴びて元気を出したいと思っても、なかなか気分がのらない日が続いてしまいます。

そんなジメっとした憂鬱な気分をサラッと流してくれるような、のらない気分ものせてくれる、今日はちょっと頑張れるかなって思わせてくれる、そんな雨の日に聴きたい邦楽10曲を紹介します。

スポンサーリンク


Swan


アーティスト:[Alexandros]

収録アルバム:EXIST! (2016)

哀しげなサウンドやけど、ポジティブになれる歌詞とロックが、憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる。


It’s gonna rain!


アーティスト:Bonnie Pink

収録アルバム:Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006) [Disc 1]

憂鬱な雨の日の気分を明るく吹き飛ばしてくれる曲です。独特の表現の歌詞が好きです。


Last Kiss


アーティスト:Bonnie Pink

収録アルバム:Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006) [Disc 2]

ゆったりしたサウンドの心地よさとBonnie Pinkの歌声がマッチしていている。


Eternal Memories


アーティスト:Crystal Kay

収録アルバム:BEST of CRYSTAL KAY [Disc 1]

スローテンポの心地いいサウンドとCrystal Kayの優しいかわいい何とも言えない歌声に癒される。


Is this love


アーティスト:globe

収録アルバム:FACES PLACES (1997)

美しいサウンドと、ちょっと悲しげな歌詞をマークとKEIKOの歌声がマッチしていて、聴いていて心地よくなる。


Flight the night


アーティスト:ONE OK ROCK

収録アルバム:35xxxv (2015)

優しい歌声とサウンドが、静かな闘志をわき起こしてくれる。この曲を聴くと明日もちょっと頑張ろうかなって思える。


SWEET 19 BLUES


アーティスト:安室奈美恵

収録アルバム:SWEET 19 BLUES (1996)

ちょっと哀しげなサウンドやけど、明日もがんばろって思える歌詞と、聴いてるうちに優しいサウンドに聴こえてくるのが好き。


thinking about you


アーティスト:清水翔太

収録アルバム:PROUD (2016)

ちょっと暗めのサウンドですが、逆に雨の日の気分に浸って、家で引きこもってる時に、会えない人を想いながらこの曲を聴いているといつのまにか時間が経つと思います。


MONEY


アーティスト:清水翔太feat. 青山テルマ&SALU

収録アルバム:PROUD (2016)

スローテンポだけど、テクノぽいサウンドが、なんとなく憂鬱な気分を晴れやかにしてくれる気がします。清水翔太、青山テルマ、SALUのそれぞれの歌声がうまくミックスしているのが聴いていて心地がいいです。


踊り続けよう


アーティスト:清水翔太

収録アルバム:WHITE (2018)

スローテンポなサウンドが心地いい。雨が降っているので、逆に家の中で恋人と一緒に過ごせると思ってポジティブに考えて、この曲の歌詞を聴きながら一緒にいると憂鬱な気分も晴れます。

スローテンポだけど、綺麗なサウンドが多い選曲になっている気がします。

これらの曲を聴いて、雨模様の日でもエネルギッシュに過ごせたらいいなと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です