映画「マエストロ!」オーケストラの中での指揮者の重要性が良くわかる

映画「マエストロ!」オーケストラの中での指揮者の重要性が良くわかる

松坂桃李が出ている映画だったので、なんとなく観てみたら、思った以上に良かった。しかも、miwaも出ているのを知って、公開前に何となく予告を観た気がすると思い出した。

スポンサーリンク


マエストロ!


2015年1月に公開された。

解散した楽団が新しい指揮者を迎えて再結成のコンサートをする。

香坂真一:ヴァイオリン奏者でコンサートマスター。松坂桃李。

天道徹三郎:楽団に新しく来た破天荒で口の悪い指揮者。西田敏行。

橘あまね:天道が楽団に連れてきたフルート奏者の新しいメンバー。miwa。

村上伊佐夫:第1ヴァイオリン。大石吾朗。

谷ゆきえ:第2ヴァイオリン。濱田マリ

阿久津健太郎:ヴィオラ。古館寛治。

今泉徹:コントラバス。池田鉄洋。

一丁田薫:ホルン。斎藤暁。

丹下浩:ティンパニ。中村倫也。

相馬宏明:オペラハウスのマネージャー。松重豊。

香坂一彦:真一の亡くなった父親。淵上泰史。

天道ハル:徹三郎の嫁。宮下順子。

最初はオーケストラの人間関係がよくわからなかったのでちょっと戸惑ったが、観ていくうちになんとなくわかってきてので、良かった。

練習場所がなくて、倉庫で練習するってのが、ありきたりなシーンだけど、成り上がりを想起させるのでいい。

音楽のちょっとした解説があったりしたので、今まで見たことがあるオーケストラ映画とは違った面白さがあった。人間関係のやりとりだけじゃなく、オーケストラとそれぞれの人間の成長過程も観れた映画だった。

指揮者の天童の破天荒ぶりの演技が、さすが西田敏行やなって感じやった。西田さんのアドリブかな?って思うシーンもあり、よくみんな笑わず真剣なシーンをこなしたなって思った。

徹三郎と奥さんのハルさんの関係性がすごく雰囲気がイイ気がした。

駅構内で天道さんの指揮で村上さんがバイオリン弾くシーンは感動しました。弾き終わった後の村上さんの笑顔がすっきりしたイイ顔していた。

天道が練習場所の倉庫で一人で指揮をしてたら、ちょっとずつ人が集まって来て、オーケストラの演奏になるのがいい。

オペラハウスの相馬さんが超グッジョブって思ってしまった。

若手の元気はつらつとした爽やかな映画ではなくて、ベテランの俳優陣の演技がこの映画の基礎をしっかりしたものにして、きれいに収まった仕上がりになってと思います。今では人気の若手俳優も出演している。

Pexels / Pixabay

最後の10分間くらいのオーケストラのシーンは映画館で観たかったと思うくらい迫力ある演奏シーンだったと思う。


オーケストラ映画の関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です