沖縄・南城市「ガンガラーの谷」はスピリチュアルなスポット

沖縄・南城市「ガンガラーの谷」はスピリチュアルなスポット


いい雰囲気のカフェを探しているときに、ケイブカフェなるものを発見した。ので、調べてみたら、熱帯雨林っぽいとこを散策できる場所に併設しているようだった。なら、その、熱帯雨林っぽいトコに行ってみたい。

スポンサーリンク


ガンガラーの谷


沖縄の南城市にある、超昔に鍾乳洞が崩れてできた亜熱帯の森。

ツアーでしか散策できないようなので、ネットから申し込んだ。18時までなら翌日のツアーを申し込める。当日でも、定員に達していなければ参加できるみたいなので、電話で確認できる。

駐車してから、休憩所みたいな開けたエリアを通り過ぎて、洞窟の入り口に入る。

入り口で、ツアーの受け付けをして、料金を払った。大人2200円でした。高いとみるか、安いとみるか。。。

入り口はケイブカフェになっていて、椅子・机とパラソルがある。洞窟なので水が落ちてくるようです。カフェは、沖縄発の35コーヒー(サンゴでコーヒーを焙煎してるらしい)でコーヒーやドリンクを飲めるみたいです。

ツアーの時間になると、ガイドさんが名前を呼んでくれて、移動します。散策スタートの前にガンガラーの谷についての説明があります。この時初めて、このエリアは遺跡発掘現場だと知りました。詳しくはツアーに参加してください。

説明は勿論日本語ですが、外国人観光客用に英語(ほかの言語もあるのかは定かではない)のリスニングがあるので安心だと思います。

説明が終わると散策スタートですが、冷たいお茶も自由に取れます。沖縄のさんぴん茶でした。

鍾乳石

でっかい、太い竹

トトロが傘にした葉っぱと言われている葉

熱帯雨林っぽい歩道

今もなお伸びてるガジュマルの木

洞窟の中のでっかい鍾乳石

さらにでっかいガジュマルの木(撮影スポットなのでガイドさんが写真撮ってくれます)

展望台からの景色

発掘現場の遺跡

大満足の1時間半でした。自然の中の散策は普段の疲れをリフレッシュできます。

現在も発掘調査中のようなので、それもありちょっとお高い(?)値段設定なのかなって思ってますが、その分満足できる内容だと思います。


2回目のツアーに参加


ツアーの案内の人は前回と違いましたが、それぞれ味があるので、何回か行って比べてみてもいいかもしれません。

2回目のお茶は麦茶でした。ツアーによって違うんですね。

この日は空きもあったようなので、ケイブカフェに入る前の看板に空きありって紙が貼っていました。予約できていなくても、おきなわワールドや玉泉洞に行くのとセットで行ってもいいかもしれません。ガンガラーの谷のツアーの出口は、おきなわワールドなので、ちょうどいいかもしれません。

ツアーは複数の言語対応しているようなので、外国人観光客も安心して参加できると思います。2回とも中国系の観光客がいました。

10月以降は大人2500円になるようです。

写真だけでは魅力を伝えきれず、実際に行ってみると自然の良さが実感できる。大自然を全身で感じることができて、都会の喧騒から離れて心身のリフレッシュができる場所です。

沖縄は世界遺産になっていない場所も行ってみる価値があるところが多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です