映画「ダンスウィズミー」日本のミュージカル映画

映画「ダンスウィズミー」日本のミュージカル映画


「エンジェル・ハート」での演技がよかったから、ずっと注目していた三吉彩花が主役の映画が公開されたので映画館に観に行きたかったけど、そうこうしている間に公開終了。DVDが出たのでやっと観れた。

スポンサーリンク


ダンスウィズミー DANCE WITH ME


2019年8月に公開された。

  • 鈴木静香:ミュージカルが苦手な有名企業のOL。音楽を聴くと歌って踊る催眠術にかかる。三吉彩花。
  • 斎藤千絵:マーチン上田のさくら役のアシスタント¥。やしろ優。
  • 山本洋子:ストリートミュージシャン。Chay。
  • 村上涼介:静香の会社の先輩。三浦貴大。
  • 渡辺義雄:興信所の調査員。ムロツヨシ。
  • マーチン上田:催眠術師。宝田明。

ミュージカル嫌いなOLが、音楽を聴くと歌って踊りだしてしまう催眠術にかかった。催眠術を解くために、失踪した催眠術師を探すストーリー。

欧米のミュージカル映画は、急に歌って踊りだしても何も違和感ないけど、日本って日常で歌って踊るイメージがないから、ミュージカル映画ってどんな感じになるんかちょっと不安やった。

机の上に登って踊ったり、その場にいるみんな踊りだしたり、現実か妄想?かよくわからないのがすごい不思議な気分にさせるシーンだった。

洋子がストリートでギター1本持って歌っていて、静香や千絵が参加して、みんなで楽しそうに歌ってるシーンは観てて楽しかった。あれは良いシーンだった。

洋子のキャラがいる意味が最初全然わからなかったけど、えっ、そーいう流れ!?って展開もあって、びっくりした。全く予想だにしない展開だった。

静香がかかった催眠術を解くために、上田を探しに千絵の車で移動しながら長距離ドライブするのを観て、自分もドライブ旅してみたくなった。一週間くらい使って。 三吉彩花がむっちゃ頑張って歌と踊りに取り組んだんやろうなってのは画面から伝わってきた。これからももっと伸びて欲しい女優さんの一人。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です