韓国ドラマ「ひと夏の奇跡~waiting for you」ちょっとしたファンタジーとミステリーもはいった爽やかなラブストーリー

韓国ドラマ「ひと夏の奇跡~waiting for you」ちょっとしたファンタジーとミステリーもはいった爽やかなラブストーリー


予告を観た時におもしろそうって思ったので観てみたら、おもしろくて不思議なストーリーだった。

スポンサーリンク


ひと夏の奇跡~waiting for you


2017年に韓国で放送されたドラマ。


キャスト


ソン・ヘソン:高校生の時に事故死したが、なぜか高校生の姿のまま12年後に姿を現す。ヨ・ジング。

チョン・ジョンウォン:ヘソンの幼馴染。レストランで働いている。イ・ヨニ。

チャ・ミンジュン:ジョンウォンが働く店のオーナーシェフ。アン・ジェヒョン。

シン・ホバン:ヘソンとジョンウォンの高校の同級生。警察官。イ・シオン。

ホン・ホンジュ:ヘソンとジョンウォンの高校の同級生。パク・ジンジュ。

キル・ムンシク:ヘソンとジョンウォンの高校の同級生。シン・スホ。

チャ・テフン:ヘソンとジョンウォンの高校の同級生。キム・ジヌ。

ソン・ヨンジュン:ヘソンの弟。ユン・ソヌ。

ソン・ヨンイン:ヘソンの妹。キム・ガウン。

ソン・ヘチョル:ヘソンの弟。クァク・ドンヨン。

ソン・スジ:ヘソンの妹。キム・ヘジュン。


あらすじ


19歳で事故死したヘソンは、12年後の世界にいることに気付く。ジョンウォンと同級生と共に、バラバラになった家族を探し、自分の死んだ日の真相を探る。


見どころ


「僕がみつけたシンデレラ」のアン・ジェヒョンはほっておけない弟って感じの役だったけど、このドラマは落ち着いた大人の男性って感じで、雰囲気の違いがよかった。

韓国ドラマではケッコー、大人の役者が高校生の時も同じ役者が演じているけど、このドラマは、高校生時代と大人との役者が違うのが新しい。ドラマの設定上、役者を変えたのかもしれない。

ミンジュンが、優しい・仕事もできる・思いやりもある良い人で、全てが男前過ぎて、絶対現実にはいないキャラでした。

死んでから12年後に現れたヘソンに対して、友達も弟妹たちも最初はびっくりしたけど、すぐに普通に受け入れて生活しているってのがありえなさ過ぎてちょっとおもしろかった。

ヘソンの事故の真相と、同級生を殺した犯人が少しづつ明らかになるのと、ヘソンとジョンウォンの関係もどうやって進展していくかが、あまりゆっくりすぎないスピードで展開されていくから、観易かった。

ミンジュンとテフンの父親が見るからにわかりやすい悪役顔で、さらに発言とか態度とかが最低な人間すぎる描写なのが、ドラマにはかかせないキャラなんですね。そして最後にまさかの展開…


お気に入りのシーン


ジョンウォンがしっかりした部分もあるのに、様々な場面でことごとくミスするので、なんでやねんってツッコミたくなるシーンがおもしろい。話が進むにつれてそれがほほえましくなるから、不思議な感覚だ。たぶん、何でも一生懸命取り組んで、他人を思いやったり、他人のために行動したりする姿がいいんだと思う。

ミンジュンも超スマートな人間かと思いきや、抜けているところがあるし、ちょいちょいボケてて、笑えるシーンがあるので、ギャップがあっていい。

ヘソンの笑顔がよく出てくるのが印象的だった。ヨ・ジングがイケメンやからでしょう。


最後に


最終回が全て全て全てってくらいハッピーエンドに進んだので、久しぶりに爽やかすぎる内容やったなって思った。ヘソンの事故の真相や同級生の事件の真犯人を探すサブストーリーが展開されていく中、ちょっと重いテーマがあるんかと思いきや、全体を通して終始爽やかな感じになっているのが新しかった気がする。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です