映画「最高の人生の見つけ方」死ぬまでにしたいことリスト

映画「最高の人生の見つけ方」死ぬまでにしたいことリスト


観たことがあるアメリカ映画を男性2人じゃなくて、女性2人にしてリメイクしている映画で、しかもその女優が天海祐希と吉永小百合っていう組み合わせだったので、映画館で観たいと思っていたけど、見逃してしまった作品。

スポンサーリンク


最高の人生の見つけ方


2019年10月に公開された。


キャスト


北原幸枝:人生を家庭に捧げてきた真面目な主婦。吉永小百合。

剛田マ子:人生を仕事に捧げてきた超金持ちの社長。天海祐希。

北原美春:幸枝の娘。満島ひかり。

高田学:マ子の秘書。ムロツヨシ。

神崎真梨恵:幸枝とマ子と同じ病院の糖尿病患者。鈴木梨央。

北原孝道:幸枝の夫。前川清。

北原一慶:幸枝の息子、美春の弟。駒木根隆介。

三木輝男:マ子のの夫で会社の副社長。賀来賢人。


あらすじ


余命宣告を受けた2人の女性が病院で出会い、死ぬまでにやりたいことリストをすべて実行するために旅に出る。2007年のアメリカの映画「最高の人生の見つけ方(The Bucket List)」のリメイク。


見どころ


病院にこもったり、仕事したりしてる時のマ子の表情がむっちゃ暗いのに、幸枝と旅に出てたらだんだん変わっていった表情がよかった。

ステージ4で入院してたのに、家に帰ってきたらひたすら洗い物や掃除をする幸枝の姿は、何とも言い難いものがあった。

ムロツヨシがちょっと癖のある秘書なんかなって思ったら、むちゃくちゃ社長思いのいいヤツやった。

実際にももクロのライブの映像がすごかったし、そこに、吉永小百合と天海祐希がいるって映像がすごかった。ムロツヨシがむっちゃおもろかった。

最後に予想しなかったストーリー展開がむちゃおもろしかった。


好きなシーン


幸枝とマ子がスカイダイビングをしてる地上の風景がむっちゃきれい。

死ぬまでにしたいことリストをかなえるため、いろんな国に行ってるのを見ると、自分も旅行したくなる。

華やかな着物を着た幸枝とバシッとした服を着たマ子が京都の鴨川を歩いてる姿がきれいすぎる。

でっかいパフェを頼んで、食べきれないから他の客とシェアして、さらに、パフェを追加して他の客に振る舞うマ子の太っ腹具合がかっこいい。

最初のシーンがあまり意味わからなかったけど、最後のシーンにつながっていく丁寧な過程がよかった。


最後に


思っていた以上に感動作品だったので、アメリカ版ももう一回見返してみようかと思った。天海祐希と吉永小百合の演技が圧巻でした。

自分も死ぬまでにしたいことリストを作って実行したいと思った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です