映画「アウト&アウト」純日本映画ってイメージの現代の映画


極主夫道の向日葵役の子役が出ている映画があるって知ってので観てみた。

スポンサーリンク


アウト&アウト


2018年11月に公開された。


キャスト


矢能政男:元ヤクザで探偵業を営んでいる。遠藤憲一。

池上数馬:殺し屋。岩井拳士朗。

黒木栞:矢能が面倒を見ている小学生。白鳥玉季。

北川理恵:数馬が通う花屋の店員。小宮有紗。

情報屋:矢能の情報屋。竹中直人。

婆さん:矢能がたまに世話になる老婦人。高畑淳子。

鶴丸晴彦:衆議院議員。要潤。

堂島哲士:池上数馬の師匠。成瀬正孝。


あらすじ


ある日、矢能は依頼人に指定された場所に行ったら、死体になった依頼人が倒れていて、マスクを被った男に脅され、様々なトラブルに巻き込まれていく。


見どころ


竹中直人と白鳥玉季のからみを見た瞬間、極主夫道を思い出して吹き出しそうになった。

極主夫道で達観した子供を演じていたのが印象的な白鳥玉季が、さらに幼く、でも口調が大人っぽく、かつセリフも一音ずつちゃんと喋れていて、大女優の片鱗が垣間見れた。


好きなシーン


大人たちが矢能の事務所に集まって、起きた問題をどうやって解決したらいいか矢能に相談してるシーンがダメな大人の集まりを観てる感じでおもしろかった。さらに、トラブルに見舞われて、どうやって鶴丸をはめていくのか気になった。思ってたようなストーリーじゃなくて、全然予想してなかった方向に行ったから、そーいうハメ方かって思った。


最後に


えげついシーンも少々あったけど、サスペンスってほど暗いシーンも特になく、ちょっとクスって笑えるシーンもあったので、重々しいストーリーじゃなくて観やすかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です