「観葉植物のハイドロカルチャー(水耕栽培)」ハイドロボールで美しい緑の自然を室内に置く


以前に高吸水ポリマーバブルジェリーにサンセベリアとテーブルヤシを植えた。

今回はバブルジェリーからハイドロボールに植え替えました。

スポンサーリンク


高吸水ポリマーバブルジェリーを用いたハイドロカルチャー


見た目は抜群におしゃれな高吸水ポリマーバブルジェリー。

しかし、上の方が乾いてしまうので植物の根元がぐらついてしまった。水を足しても、霧吹きでかけても、水は下に落ちるので(当たり前ですが)、下側は常に吸水された状態になるけど、上は小さいまま。

深めのコップを使ったので、小さい容器を使えば問題は解消される気もしました。しかし、この際やからバブルジェリーはやめて、ハイドロボールに植え替えすることを決める。


準備


容器はセリアで前回より小さいガラスのコップ、小さい粒のハイドロボールを購入しました。根腐れ防止用のミリオンA(珪酸塩白土)は前回購入した残りを使用しました。


植え替え


コップの底に根腐れ防止用のミリオンAを敷きます。

ハイドロボールを入れる。

枯れていないサンセベリアとテーブルヤシを取り出して、ハイドロボールにさして、ぐらつかないようにさらにハイドロボールを足しました。枯れてしまった植物とはお別れしました。ありがとう。

茶色に緑色が生えます。


新しい観葉植物をセット


植え替えがキレイにできたので、新しく観葉植物をゲットしたい気持ちになりました。

何を購入するか観てたら、赤が入っている葉が気になり、いくつか悩んだ末、最終的に丸いピンク色が入った葉を購入。たぶんコルジリネだと思う赤色が入った細長い葉の植物と迷った。

名前がついてなかったので、調べたら、たぶんヒポエステスとう種類。葉に白、赤、ピンクの斑点が入る種類があるみたいで、店には白とピンクがありました。白も良さげでした。

家に帰って、100均のガラスコップにミリオンA、ハイドロボールを入れて、植えました。どれくらい成長するか楽しみです。


最後に


高吸水ポリマーバブルジェリーにするなら、深めより浅めの容器にした方がいいです。それなら下側のみが常に給水された状態で、上だけが乾いてしまうみたいにならないのではないかと予想します。

ヒポエステスは結構太陽光が必要みたいで、日当たりが悪い室内だとしおれてしまいます。外か日当たりの良い所に置いた方がいいです。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。