映画「雪の華」余命わずかしかない女性が残りの人生で一生懸命恋をする


中島美嘉の「雪の華」をモチーフにした映画だったので、気になっていたが、手を付けてなかった。寒い時期になって、雪を見たくなったので観てみた。

スポンサーリンク


雪の華


2019年2月に公開された。


キャスト


平井美雪:幼少から病弱で、余命宣告を受ける。中条あやみ。

綿引悠輔:カフェ店員をしながらガラス工芸家を目指している。登坂広臣。

平井礼子:美雪の母親。高岡早紀。

岩永:カフェのオーナー。浜野謙太。

綿引初美:悠輔の妹。箭内夢菜。

綿引浩輔:悠輔の弟。江崎政広博。

若村:美雪の主治医。田辺誠一。


あらすじ


余命宣告された美雪は、ひったくりされた時に助けてくれた悠輔に、期間限定の恋人になってほしいと提案する。


見どころ


助けてもらった悠輔を発見した美雪が後をつけるところが怪しすぎて、ちょっとアウトじゃないかと思った。

中条あやみが顔ちっさくてびっくりした。

オーロラを見るために雪の中で立ってる美雪の周りのろうそくと雪の景色がむちゃくちゃキレイだった。美雪と悠輔が話している時に、息が白くてむっちゃ寒そうやった。きっとろうそくを用意したスタッフもすごい寒い中大変やったやろうなって思った。

いくら契約したからって、フィンランドに行きたいって言われたら、2人で行ってしまうって行動力が2人ともすごい。


好きなシーン


雪景色、桜景色、カフェ店内、水族館、フィンランドの街並み、全体的にキレイな印象が強く残る映像だった。

とまどう悠輔に、「やるって決めたなら、ちゃんと取り組んでください。」って美雪のセリフが爆笑だった。

美雪が持ってるガラス工芸品がすごくきれいで、ちょっとほしいと思った。


最後に


余命宣告されて、ラブストーリーでって、悲しい感じの内容なのかと思いきや、そういう雰囲気があまりなく、美雪が残された時間を一生懸命生きようとして楽しもうとしてる感じやったので、ちょっと楽しい気持ちになれた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です