映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウ)」亀が再びニューヨークで大暴れする

映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウ)」亀が再びニューヨークで大暴れする


前作からさらにパワーアップした亀たちを観ることができるのか。

スポンサーリンク


ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウ) Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows


2016年8月に公開された。


キャスト


エイプリル・オニール:ニューヨークのテレビレポーター。ミーガン・フォックス。

レオナルド:タートルズのリーダー。青。

ラファエロ: 気性が荒い。赤。

ミケランジェロ:お調子者。橙。

ドナテロ:天才で発明が得意。紫。

ケイシー・ジョーンズ:ニューヨーク市警の警官。スティーブン・アメル。

スプリンター:タートルズの育ての親で師匠。

ヴァーン・フェンウィック:前作でシュレッダーを倒したことになった有名人。ウィル・アーネット。

シュレッダー:犯罪組織フット軍団を率いるタートルズの宿敵。ブライアン・ティー。

ビーバップ:イボイノシシのミュータントになった脱獄犯。ゲイリー・アンソニー・ウィリアム。

ロックステディ:サイのミュータントになった脱獄犯。ステファン・ファレリー。

ヴィンセント:シュレッダー逃亡の捜査担当局長。ローラ・リニー。


あらすじ


エイプリルとタートルズは、再びニューヨークを混乱に陥れようとするシュレッダーとバクスター博士に立ち向かう。


見どころ


ケイシー役のスティーブン・アメルを見たことあるなって思ってたら。海外ドラマ「ARROW/アロー」のオリバー・クイーン/アローだと気づいてちょっとテンションが上がった。ドラマの主役をやってるのに、さらに映画にも出てすごい。

タートルズが喧嘩で言い合いをしてる内容がだいたいしょうもないから、本当の兄弟の喧嘩みたいで、聞いていたら微笑んでしまう。

タートルズが人間の前に姿を見せた時に、気味悪がられモンスターとか言われて、人と違う姿をしてるから悪く言われて凹むタートルズを見て、現実でも近いことがあるなって思った。

ドナテロの実験道具が、結構リアルな実験器具が置いていて、自分の趣味の部屋が充実してるってうらやましい。

今作も、エイプリルの行動力と強い意志を観ていたら、やっぱすごいなって感心させられる。


好きなシーン


シュレッダーを逃がすときのカーアクションが、普通のアクションじゃなくてタートルズっぽいおもしろいアクションになってて、おもしろかった。

ラファエロとミケランジェロが勝手なことをして怒ったレオナルドが「機械バカと筋肉バカと夢見るバカとは全然合わない」って言ったら、スプリンターが「無理に合わせようとするな。違いがチームを強くする。リーダーなら理解し、兄弟なら受け入れろ。」って諭すセリフが真理をついている。

飛行機から飛び降りて飛行機に飛び移る時のシーンの周辺の風景がリアルで、たぶんリアルな風景を合成してるんだと思うけど、リアルな外のシーンに見えて美しかった。その後の飛行機のバラバラ具合が何とも言えないくらいひどくておもしろかった。

タートルズの活躍が表彰された場所が、自由の女神がある島でやってるってのがニューヨークっぽくてよかった。


最後に


エンディングの曲がアニメで使われてた曲だったので、懐かしくてテンションが上がった。


関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です