韓国ドラマ「彼女の私生活」仕事バリバリ人間のオタク活動


パク・ミニョンが「キム秘書はいったい、なぜ?」に引き続き出演したロマコメドラマなので興味を持ち、さらに美術館を舞台にしているのでさらに興味を持った。思った以上にハマった。

スポンサーリンク


彼女の私生活


2019年に韓国で放送されたドラマ。


キャスト


ソン・ドクミ:美術館の首席学芸員。アイドルのオタク活動をしている。パク・ミニョン。

ライアン・ゴールド:ニューヨークから美術館の館長として韓国に来た天才画家。キム・ジェウク。

チャ・シアン:ドクミがファンのアイドルグループのメンバー。チョン・ジェウォン。

イ・ソンジュ:ドクミの親友でカフェのオーナー。パク・ジンジュ。

ナム・ウンギ:ドクミの幼馴染、オリンピックメダリスト、柔道体育館の館長。アン・ボヒョン。

キム・ヒョジン:シアンの熱狂的なファンのシンディで、インターン生として美術館に来る。キム・ボラ。

チェ・ダイン:ライアンの友達のアーティスト。ホン・ソヨン。

オム・ソへ:美術館の前館長でヒョジンの母親。キム・ソニョン。


あらすじ


熱狂的なアイドルオタクの顔を隠して完璧に仕事をする美術館の首席学芸員のドクミと、ドクミの美術館の新館長に就任した天才画家のライアンとのラブストーリー。


見どころ


妄想のシーンがちょいちょいあって、コミカルなシーンはノリノリやし、シリアスなシーンは息を飲むし、そういう演出がおもしろかった。ネットの中のやり取りも、映像で表現したり、ちょっとファンシーな感じになってたり、演出がおもしろい

オム館長がびっくるするくらいの破天荒で、自分本位な強烈なキャラ過ぎて、おもしろいを通り越してちょっと怖い。

ソンジュの親が金持ちやから、ソンジュがことあるごとに金で解決しようとするのがすごくておもしろい。

ソンジュの息子のゴヌが、ちゃんと発音できないのとか、柔道の練習してる姿とか、母親に従順なのがむっちゃかわいすぎる。サラサラヘア―もいい。

ライアンが勘違いするシーンがよく描かれていて、イケメンなのにどこか抜けてるキム・ジェウクの演技がいい。


好きなシーン


ドクミがいろんなトラブルに巻き込まれて辛い一日やった終わりに、美術館で絵を見ながらライアンと会話しているシーンで、「こんな日は自分に問いかけたくなります。追い詰められて、心身まで疲れきって、誰もわかってくれないのに、この仕事を続けたいかと」「芸術は偉大でも人にはかないません。どんなにみすぼらしくても、飾られている絵より私は立派です。これからも強く生き続けるから。」ってセリフがよかった。もっと前にこの言葉を聴きたかった。実際に韓国語で言ってる言葉の直訳とはちょっと違った気がしたけど。

ドクミ、ウンギ、ソンジュの3人が集まっているシーンは抜群の掛け合いで、どれもむっちゃ笑える。

シアンに会った時や映像を観てる時のドクミの表情があまりにも幸せすぎる顔をしていて良い。

ドクミの住んでいる部屋が、屋上付きのワンルームで、屋上でご飯食べたり、ちょっとしたDIYの作業ができたりして、あんな部屋に住みたい。部屋の中は自分の好きなもので埋め尽くされているのに、スペースがちゃんとあるくらいの広さがある。

ライアンが絵を描く技法がむちゃくちゃおもしろい。自分も同じ技法を使って描いてみたいと思った。


最後に


脚本家が若くて、確かにオタクの設定とが最近の若者のイメージで、若い人の発想だなって思った。

ドクミもソンジュも、仕事と趣味のバランスがいい生活が送れている気がする。仕事も趣味も多様だと思うけど、あんな風にバランス良く生きれたらいいなって思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です