大阪・河内長野市「大阪府立花の文化園」大阪南部で花を鑑賞する


都会のイメージが強い大阪にも花や自然を鑑賞できる場所はたくさんある。都会の喧騒かから離れてゆっくりした時間を過ごせる大阪の南部に行ってきました。

スポンサーリンク


大阪府立花の文化園


大阪・河内長野市の国道170号線の東に位置しています。

道の向かいに在る道の駅奥河内くろまろの郷の駐車場に停めて徒歩5分くらい。

入園料は、大人は2月~11月550円、12月、1月340円です。


装飾花壇


入口から入ったら、目の前に季節の花々が広がっています。カラーがいろいろあって花がきれいです。


大温室


ピラミッド型をした温室。中にはサボテンは多肉植物などが植えられています。天井がとても高く、たくさんの植物がキレイに配置されていました。

滝みたいに水が流れる場所がありますが、行った時期は中止でした。残念。


遊歩道


園内の奥には山道を散策できる遊歩道が整備されていて、ちょっとしたウォーキングになります。園内も一周できて、散歩的な軽い運動もできます。


イベント広場


机や椅子があり、道の駅でピザを買って昼ご飯をここで食べました。ピザはむっちゃおいしかったです。晴れていたら、弁当を持参して、園内のベンチに座って食べるのもありですね。


森のサテライト 木根館


木の板、加工品を購入できたり、木工を体験できる木工教室がある。文化園側からも入れるし、外からもこの施設に入ることができる。


最後に


来た時期は花が咲くのが終わっていたので、花があまり鑑賞できませんでした。次は花が咲いている時期に行ってみたいです。

入り口横に草花を購入できるガーデンショップもあるので、気に入った花を見つけることができるかもしれない。

大阪の南部は木も有名なんやって初めて知った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です