映画「やっぱり契約破棄していいですか!?」殺し屋に自分の暗殺を依頼するお先真っ暗な青年の話


タイトルを見た時に気になっていたのが、予告を観たらおもしろそうって思ったので観てみた。

スポンサーリンク


やっぱり契約破棄していいですか!? Dead In a Week: Or Your Money Back


2019年8月に公開された。


キャスト


レスリー・オニール:引退に追い込まれた殺し屋。トム・ウィルキンソン。

ウィリアム・モリソン:小説家を志す青年。アナイリン・バーナード。

エリー・アダムズ:出版社に勤務。フレイア・メイヴァー。

ペニー・オニール:レスリーの妻。マリオン・ベイリー。

ハーヴェイ:レスリーが所属する組織の上司。クリストファー・エクルストン。


あらすじ


小説家志望のウィリアムは、引退寸前の殺し屋レスリーに自分の暗殺を依頼する。


見どころ


自殺しようとしても上手くいかない状況が、特別ラッキーな体質に見えてくる。殺し屋に頼んだ後も、ラッキーすぎる状況が、もはや一生懸命生きればいいと思う。

ウィリアムとエリーが隠れた家の雰囲気がいい感じで、2人が散歩しに行った草原が綺麗すぎた。あんなところに住んでみたい。実際に住んだらなんもなさ過ぎて困るかもしれないけど。

ウィリアムがなんとか生き延びたかと思ったら、エンディングのシーンがそーいう流れなん!?ってなってびっくりした。しかも、結局どうなったのかちょっとよくわからない感じだったけど、悪くはなかった。

最初はほぼ生気を感じられないウィリアムの表情が、だんだん良くなっていく感じがあった。


好きなシーン


エリーが殺し屋相手でも普通の状況として交渉しているのが笑えた。さらに、ウィリアムを生かすための折半案をレスリーに持ち掛けるのが、頭の回転が速い、有能な編集者な感じがした。

レスリーとハーヴェイが机の下で銃と突きつけ合っているのに、空気を読んでか読めずかペニーが刺繍で賞を取ったことを話に来て、しかもちょっと内容も状況を反映したレスリーのフォローみたいなのになっているシーンが笑えた。さらに、空気を読んでか読めずか、ハーヴェイにも話しかけに行くのがおもしろかった。


最後に


内容はダークなのに、コメディっぽい感じで、セリフも笑ってしまうのが多かったので、さらっと観れておもしろかった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です