韓国ドラマ「真心が届く」トッケビの2人のアナザーラブストーリー


「トッケビ」のイ・ドンウクとユ・インナが主演のドラマだったので観てみた。

スポンサーリンク


真心が届く


2019年に韓国で放送された。


キャスト


クォン・ジョンロク:優秀な弁護士。イ・ドンウク。

オ・ユンソ/オ・ジンシム:元トップ女優。役の勉強のため弁護士事務所で働く。本名はジンシム。ユ・インナ。

キム・セウォン:ジョンロクの大学同期の検事。イ・サンウ。

ユ・ヨルム:ジョンロクの大学同期の検事。ソン・ソンユン。

コン・ヒョクジュン:ユンソのマネージャー。オ・ウィシク。

ヨン・ジュンソク:ユンソの事務所代表。イ・ジュンヒョク。

ヨン・ジュンギュ:ジョンソクの従兄弟で弁護士事務所の代表。オ・ジョンセ。

チェ・ユンヒョク:ジョンロクの同僚弁護士。シム・ヒョンタク。

タン・ムニ:ジョンロクの同僚弁護士。パク・ギョンへ。

ヤン・ウンジ:弁護士事務所の秘書。チョン・ソヨン。

キム・ヘヨン:弁護士事務所の受付事務。キム・セジョン。

イ・ドゥソプ:弁護士事務所の事務長。パク・ジファン。


あらすじ


スキャンダルで芸能界を干された元トップ女優のユンソは、役作りのため、優秀な弁護士のジョンロクの秘書として働く。


見どころ


かわい子ぶってるオ・ヨンソがなぜかかわいく見えてくるのが、ユ・インナの演技のすごいトコだと思う。

チェ弁護士とタン弁護士の言い合いが、どのシーンもおもしろくて笑ってしまう。

人間関係はコメディ色が高いのに、扱う事件とその弁護のシーンは結構シリアスで、ギャップがありすぎておもしろい。

ジョンロクとユンソの会話が外れすぎておもしろい。ユンソの行動、発言も予想外過ぎて、常に爆笑してしまった。

弁護士事務所のメンバーはみんな癖がある人達ばっかやけど、なんやかんやみんないい人やから、すごい環境がいい職場。

ヨン弁護士とヨン代表の従兄弟同士の会話が常に笑える。アドリブもだいぶあるんじゃないかと思うくらいふざけすぎておもしろい。

イ事務長がむちゃくちゃ怖い顔してるのに、使う言葉が詩的なのがいい。ヤン秘書に一途なのもいい。


好きなシーン


相手に失礼な発言をしてるのに、なぜか憎めないヨンソのキャラがいい。

ジョンロクと言い合いした後に、ヨンソがトイレとか屋上とかで叫んでイライラを解消するシーンがおもしろい。現実でも、仕事上でストレスがたまった時に、そういうことができる環境なら、ちょっとは生きやすいかなって思う。

ジョンロクとヨルムの関係に嫉妬したユンソの発言とか態度が嫉妬感丸出しで笑ってします。

ジョンロクと一緒に拘置所に行くことになったから、テンション上がって、おしゃれしたり弁当を作ったりするユンソがかわいい。

セウォンは全く嫌味がなく、すごいいいヤツ。こういう気質の友達は最高。

事務所に来たインターン生がユンソに心奪われているシーンが爆笑。

「真実から目を背けることになれてしまうと、僕も罪悪感をなくした怪物になってしまう。そのほうが怖い。」ってヨン代表に言ったジョンロクの言葉がむちゃくちゃわかる。


最後


全体的に演技や演出がおもしろくて、観てると一生笑っていられるドラマでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。