映画「バットマン ビギンズ」クリスチャン・ベールのバットマンの始まり


先日開催されていたDC展に行って、思っていた以上にバットマンのこと知らないなって気が付いた。

ジャスティス・リーグシリーズ前のバットマンはちゃんと見たことないなかったので、クリスチャン・ベールの3部作を観てみた。

スポンサーリンク


バットマン ビギンズ Batman Begins


2005年6月に公開された。


キャスト


ブルース・ウェイン/バットマン:ゴッサム・シティの大富豪。クリスチャン・ベール。

ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール:忍者集団影の同盟のボスの代理人。リアム・ニーソン。

レイチェル・ドーズ:ブルースの幼馴染。検事補。ケイティ・ホームズ。

アルフレッド・ペニーワース:ウェイン家の執事。マイケル・ケイン。

ジェームズ・ゴードン:ゴッサム・シティの刑事。ゲイリー・オールドマン。

ルーシャス・フォックス:ブルースの父親の友人。軍事産業の開発者。モーガン・フリーマン。

ジョナサン・クレイン/スケアクロウ:精神科医。キリアン・マーフィー。

ラーズ・アル・グレイ:忍者集団の影の同盟のボス。渡辺謙。

カーマイン・ファルコニー:ゴッサム・シティのマフィアのボス。トム・ウィルキンソン。


あらすじ


子供の時に目の前で親を殺されたブルースは、世界を巡る。ゴッサム・シティに戻ってきたブルースはバットマンとなって悪と戦うことを決意する。


見どころ


自分でバットマンのコスチュームを制作していく過程、アルフレッドと強直してバットマンの乗り物とかを設計していくシーンがおもしろい。自分でスーツや武器を開発して普通の人間がヒーローになる過程が、アイアンマンと共通しているなって思った。

幻覚剤を浴びせられて、ボロ布をかぶるスケアクロウの姿がむちゃくちゃ恐怖。さらにスケアクロウ幻覚剤を浴びて、バットマンの顔が怪物に見えるのもむちゃくちゃ恐怖。

豪邸が爆破されて、跡形もなくなってしまったら、普通は立ち直れないけど、まずは井戸に蓋するところから取り掛かるのが、ブルースが原点に立ち戻ってって感じがした。


好きなシーン


暗闇の中で、塔の上に立ってる黒いシルエットしか見えないバットマンの姿がかっこいい。

バットモービルがスポーツカーっぽい車体じゃなくて、戦闘車っぽくいかつくて、フェンスとかをなぎ倒していく感じが最強な乗り物やんってなる。

アルフレッドがブルースに言った「人はなぜ落ちると?這い上がるためです。」って言葉が、そうあれたらいいなって思う。

バットマンがレイチェルに言った「人の本性は行動で決まる。」が、むちゃくちゃその通りやと思う。口ではいい様に何とでも言えるけど、どんな誠実な行動ができてるかがその人となりを判断する材料になる。


最後に


能力を持ったヒーローじゃなくて、普通の人間が如何にしてヒーローになっていくか、悪と闘いながらも、悪に落ちないように葛藤している姿により人間性を感じるから、人気があるんだなって思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。