奈良・吉野郡吉野町「吉野山」美しい千本桜が見れる世界遺産の山の千本桜


桜がキレイそうな場所を探していたら、世界遺産の山が桜で有名みたいだったので行ってみた。

スポンサーリンク


吉野山


2004年7月に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された。吉野山、吉野水分神社、金峯神社、金峯山寺。吉水神社、大峰山寺が登録されている。

奈良県吉野町の国道169号線の南に位置する。

桜の名所としても有名で、桜の時期にはたくさんの観光客が訪れるようです。


駐車場


エリア内に何か所か駐車場があるようです。どこのエリアに行くか、目的の場所に合わせて停めれる。

今回は、上千本あたりの桜を見ようと思ったので、如意輪寺付近の駐車場に停めました。かなり広くて、昼の12時過ぎには、1/4~1/3くらいは止まっていたけどスペースはありました。

吉野駅に近い駐車場は満車の表示が出ていました。このエリアの駐車場に停める場合は、朝早くから行った方がいいかも。

駐車場から車道を通って下り道を歩いて、20~30分程で中千本の上にたどりつきました。


上千本


上千本エリアの下から上まで、急な坂含めてずっと登り続けました。思っていた以上の山登りで、びっくりしました。

氷らせたスポーツドリンクを持ってきていたので大正解でした。飲み物は必須です。

途中で休憩する茶屋みたいなところもありました。

登っている途中で見える桜がむちゃくちゃキレイでした。

上千本の頂上だと思われる付近は、山の中に降りれて、そこに座ってずっと桜を見ている人たちがいました。


吉野水分神社


上千本から吉野水分神社まで1時間くらいかかりました。

ここは世界遺産に登録されている神社です。

中に入ったら、むちゃくちゃキレイな桜が一本立っていました。みんな写真を撮ったり、ずっと眺めていました。

上り坂がしんどくて、お腹も減っていたし、途中で何度か戻ろうと思いましたが、この神社まで登ってきてよかったです。

「吉野水分神社」の読み方が「すいぶん」なのか「みずわけ」なのかわからなかったのですが、いずれでもなく「よしのみくまりじんじゃ」って読むと知りました。全然読めなかった、なるほど。

この時点で14時過ぎたので、早く昼ご飯を食べに店がある方まで降ります。目的のエリアまで1時間くらい歩き続けました。


昼ご飯


昼ご飯は、そば・うどんが食べれる西澤屋に行きました。昼ご飯やけど15時とかなり遅めです。お腹が減りました。

天ぷらそばを食べました、葛そばに変更できるってあったので、変更してみました。出汁にとろみがついていました。出汁も美味しかったし、海老もプリプリしていて美味しかったです。

柿の葉と葛が付いた定食や山菜うどん、ざるそばを茶そばに変更できて緑のそばも美味しそうでした。


如意輪寺


駐車場へ戻る道は、如意輪寺を通って帰る山道を歩きました。最初は下りが多かったですが、案の定、途中から上りになってかなり大変でした。


最後に


予想以上に中千本から上千本の道のりが大変で、さらに上千本から吉野水分神社まではかなりきつかった。軽い気持ちで歩けるような道のりではなかった。

桜の中を歩くイメージだったけど、道を歩きながら桜の斜面を見る感じでした。

中千本から下に世界遺産の金峰山寺蔵王堂、仁王門などがありますが、今回は全然見に行く元気はなかった。次は、この下のエリアをメインに世界遺産の建築物を見に行きたい。上側ほど急勾配ではなさそうなので。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。