カナダ・トロントに友達を訪ねて

カナダ・トロントに友達を訪ねて


大学院生の時に、また海外に行こうと思って、何処に行こうか考えていた。

学部の友達が、カナダのトロントにワーキングホリデーに行っていたので、おる間に遊びに行くわって言ってた。

それで、院生の同級生と一緒に、その友達のところに行くことにした。

ちなみに、ワーホリに行ってる友達と院生の同級生は面識なかったが、漢字は違うが名前(ファーストネーム)が同じで、ちょっとおもしろいかった。

スポンサーリンク

トロント


カナダ・オンタリオ州の五大湖周辺の都市。

関西空港からどこか経由(覚えていない)してトロント空港についた。

空港から電車で移動して、友達と合流。

宿泊は友達が滞在しているシェアハウス。

大家が一人、数人の留学生やワーホリの人(主に日本人)が住んでいて、1泊1000円程度で友達の部屋に泊まった。

観光場所へは電車移動が主な交通手段だった。

Free-Photos / Pixabay

トロント大学


海外に行くと必ず行ってみた地元の大学。

学内はとても広く、建物も日本と違って様式の美術館みたいな建物。

生協みたいなところでグッズをゲットしたかったが、見つからず残念。

DEZALB / Pixabay

CNタワー


2007年まで世界で最も高い自立式電波塔(2018年現在は第3位)。

東京のスカイツリーみたいな感じかな。

夕方に友達と待ち合わせて、このタワーに登った。

展望台からはネオンがきれいだった。

友達と待ち合わせしていたが、遅れてしまった。

携帯も充電が切れてしまって、連絡できなかったので、心配をかけてしまった。

そのせつは申し訳なかったと反省。

ahill88 / Pixabay

ナイアガラの滝


五大湖のエリー湖からオンタリオ湖に流れ、アメリカ・ニューヨーク州とカナダ・オンタリオ州の国境に位置する。

ツアーには参加せず。

友達の紹介で、中国系のバス会社でナイアガラまでの往復のバスチケットを購入した。

ツアーで行くよりかなり格安。

友達さまさまです。

Pexels / Pixabay

ナイアガラの滝は下まで降りれて、湖をボートで周遊でき、ナイアガラの滝とアメリカの滝をしたから観覧することができた。

近くで観るナイアガラの滝も、横から見るナイアガラの滝も、壮大だった。

一生に一度は見るべき観光スポット。

ナイアガラの滝を前方に観れる橋が架かっていて、そこまで歩いて行った。

その橋から、何ドルか払ってアメリカ側にも渡れた。

しなかったが・・・

ナイアガラの滝のホテルにカジノがあったので入ってみた。

出入口でセキュリティに止められて年齢を確認された。

パスポートを見せたら、失笑していた。

絶対、子供に思われてたな。

ほかには。。。


行った時期はトロント映画祭の直前で、街中は映画祭の準備で広告が多くあった。

トロントは秋に行くと紅葉で有名みたいなので、次に行く時があれば、紅葉も観に行ってみたい。

帰りの飛行機で


帰りの飛行機は、トロント空港からデトロイト経由で関西空港までの道のりだった。

デトロイト空港でのトランジットの際に、出入国カードを渡された。

書いていた単語が英語っぽくなかったので、なんでやろって思いながら書いていた。

ゲートを通る前に、アメリカへの入国理由を聞かれたので、トランジットって答えても話がかみ合わず。

よくよく確認したら、その入国カードはフランス語で書かれていて、(たぶんカナダ人の)フランス系の人に間違われていた。

新しい入国カードを渡されたので、それを記入して出したら、大学に通っているのかっていう趣旨の質問をされた。

もう一度、トランジットして日本に帰るって説明した。

その入国カードは、アメリカ人用のカードだった。

日本人用の入国カードをもらって、やっと手続できた。

日本人だが、よく海外に行ったら現地の人に間違えられることがある。

悪い気はしないが、いろいろ間違えられて手続きが長引くとちょっとめんどうって思う。

カナダ関連記事


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です