映画「マイティー・ソー」神様がヒーローって最強だと思う

映画「マイティー・ソー」神様がヒーローって最強だと思う


このシリーズは、最初は全く興味なかった。

そんなおもしろいとも思ってなかったので、観ることになるとも思ってなかった。

アベンジャーズを観た後に、話の整合性をつける目的で観てみようと思った。

でも、観てからの印象がガラッと変わった。

おもしろい!!

スポンサーリンク

マイティー・ソー


ソー:アスガルドの王子。クリス・ヘムズワース。

ジェーン・フォスター:天文物理学者。ナタリー・ポートマン。

ロキ:ソーの弟。トム・ヒドルストン。

オーディン:ソーとロキの父親。アンソニー・ホプキンス

ヘイムダル:イドリス・エルバ。

設定が、神かよって感じ。

神がヒーローには違和感がないが、アベンジャーズシリーズの中で、他は普通の(普通ではないとは思うが)人間なのに、その中で、一人だけ神。

ダントツで最強だろ。

myersalex216 / Pixabay

マイティー・ソー Thor ④


2011年7月に公開された。

敵:デストロイヤー

ソーの発言が、世間知らずの王子様って感じで、笑いを誘う。

そんな性格でも仲間はついてきてくれるので、信頼感がある。

信頼は人間関係においても、一番重要なことだと思う。

ジェーンは女性研究者のイメージを体現してくれている。

男性優位の業界において、研究に邁進する研究者を演じている。

マイティー・ソー/ダーク・ワールド Thor: The Dark World ⑧


2014年2月に公開された。

敵:マレキス

これまでのアベンジャーズシリーズ関連とは全く違った、宇宙が舞台で話が進んで行く。

いつもとは異なる話で新鮮だった。

マイティー・ソー/バトルロイヤル Thor: Ragnarok ⑰


2017年11月に公開された。

敵:ヘラ

ソー、ロキ、ヘラの関係。

それぞれ複雑に絡み合っている関係。

国王にふさわしい資質とは何か。

それを考えさせてくれる。

アベンジャーズ、キャプテン・アメリカ、マイティー・ソーはリーダー論を考えさせてくれる作品なので、そういう側面からも楽しめる。

アベンジャーズの関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です