中国・北京は大都市だった

中国・北京は大都市だった


中国の都市は?と聞かれて、最初に思い浮かぶ都市は?

スポンサーリンク

北京 Beijing


中国の首都。

2008年に夏季オリンピックがあり、2022年の冬季オリンピックの場所にもなっている。

この都市で国際学会が開催されたので、参加した。

中国に行くのは大連に続き、2度目だ。

関西空港から北京空港まで、飛行機で2時間ほど。

むっちゃ近いです。

空港から宿泊ホテルまではタクシーで行った。

ホテルの住所を見せれば簡単だ。

宿泊ホテルは、学会のHPから登録した。

まあ、会場から近いのはいいことです。

会場近くにはたくさんのホテルがあった。

その理由は後からわかる。

 

ホテル


部屋に行くと、とにかく広い。

1人暮らししていた部屋よりも広かった。

リビングにはソファと机。でっかいテレビ。

寝室は別にあり、ベッドが2つ。さらにテレビ。

鍵がかかって入れない部屋あり。

カーテンを開けて外を見ると、なんと鳥の巣が見える。

オリンピックや世界陸上の会場になっている競技場の愛称だ。

そう、この辺のホテルは、全て選手村だったんだろう。

入れない部屋は、きっとキッチンとかだろう。

しかし、時期にもよるのかもしれないが、殆ど客がいないようで、オリンピックバブル後にどのようにして環境客を集めるか、課題が見えた気がする。

滞りなく、学会に参加し、発表も無事(?)終えることができた。

 

オリンピック公園


せっかくなので、空き時間に、オリンピック公園に行った。

公園に入るにはセキュリティを通らなければいけなかった。

歩いて公園内を散策。

暗くなってきて、鳥の巣スタジアムやウォーターキューブのライトアップはきれいだった。

 

天安門


空き時間を使って、せっかくなので天安門に行ってきた。

電車に乗って何とかたどり着く。

ここに入るのも、セキュリティを通らなくてはいけなかった。

中国式の朱色の建物は近くで観ると圧倒される。

本場の中国式建物を観れる機会があってよかった。

途中で、マクドに行く。

現地のマクドは日本との違いが感じれておもしろい。

 

夜ご飯


ホテルの目の前にある、海鮮のお店に入る。

どっかで見たことのある名前だが…

見て見ぬふりをしよう。

この店で初めて土瓶蒸しを食べてみた。海鮮丼も美味しかった。

わさびがカニの形をしていてかわいかった。

別の日、知り合いに、北京市内の有名な火鍋の店に連れて行ってもらった。

辛いのは苦手だったが、美味しかった。

麺を頼むと、目の前で麺を伸ばしてくれるパフォーマンスが見れた。

近くに、ぱっと入れるスーパーみたいな店がなかったので、それが唯一残念。

出張だったが、学会発表も含め、いい経験ができた。

この経験は次に繋がればいいのだが…

 

余談


ホテルにいた時間は、テレビを観ていたが、中国語は全然わからなかったので、MTVを流していた。

この期間にヘビーローテーションで流れていた曲がある。

後に知る。

その曲は、いま日本では知らない人がいないのではないか。

オースティン・マホーン「Dirty Work」

昨年、ブルゾンちえみにより有名になった曲。

でも本当は、その前の2015年のヒット曲やった。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です