B.o.Bヒップホップ界の次世代スター

B.o.Bヒップホップ界の次世代スター


次々と才能のあるアーティストが登場するUS音楽シーン。

2010年代を代表するヒップホップ界のアーティスト。

Skitterphoto / Pixabay

スポンサーリンク

B.o.B


アメリカ・アトランタ出身のアーティスト。

18歳の時(2006年)、有名な大物ラッパーのT.I.の経営するクラブでのライブがきっかけで契約。

ブルーノ・マーズがフィーチャリングした曲をきっかけに大ブレイクした。

B.o.B Presents: The Adventures Of Bobby Ray (2010)


デビューアルバム。それぞれの楽曲の音楽性が違いすぎて、おもしろい。

好きな曲は、

●Don’t Let Me Fall:ボーカルもラップもできるんやって驚きを与えてくれた曲。サウンドがキレイ。

●Nothin’ On You:Bruno Marsとのフィーチャリング曲。優しい曲。こんなん言われてみたいわって思う歌詞。

●Past My Shades:Lupe Fiascoとのフィーチャリング曲。Lupe Fiascoとの相性がすごくいい。

●Airplanes:Hayley Williamsとのフィーチャリング曲。ちょっとダークな雰囲気の曲。

●The Kids:Janelle Monaeとのフィーチャリング曲。他とはまた違ったサウンドで、スローテンポの南国の雰囲気が漂う曲。

Strange Clouds (2012)


前作よりもさらに、トレンドアーティストとフィーチャリングしてる曲が多かったアルバム。そうそうたるアーティストばっかで、すごいの一言。

好きな曲は、

●So Hard To Breathe:聴いていたら何となく引き込まれていく不思議な曲。

●Both Of Us:Taylor Swiftとのフィーチャリング曲。Taylor SwiftとB.o.Bのサウンドが上手くミックスされた曲。

●Strange Clouds:Lil Wayneとのフィーチャリング曲。Lil Wayneのサウンドの作り方が上手い。

●Arena:Chris Brown、T.I.とのフィーチャリング曲。ピアノの音から始まるのが好き。3人の掛け合いがカッコイイ。

●Castles:Trey Songzとのフィーチャリング曲。リズムが好き。2人の歌声も合っている。

Underground Luxury (2013)


全2作品とはまた違ったテイストの楽曲になった。ブラック感のあるアルバム。

好きな曲は、

●Ready:Futureとのフィーチャリング曲。ラップ主体の楽曲もカッコイイ。

●John Doe:Priscillaとのフィーチャリング曲。Priscillaの歌声が上手すぎる。ゴスペルっぽくてカッコイイ。日本語で言う名無しの権兵衛が、英語ではJohn Doeって初めて知った。曲のタイトルのつけ方が秀逸すぎる。

●Cranberry Moonwalk:Mike Freshとのフィーチャリング曲。優しい曲。

●Forever:Playboy Treとのフィーチャリング曲。ピアノとラップのサウンドとがうまく融合している。

ボーカルもラップもこなせて、ギターもピアノも弾けて、ヒップホップ、R&B、ファンク、ロックの多様な音楽性を使いこなせている才能あるアーティスト。

やっぱり才能ある人は、幅広く何でもできるんよね。

いろんなジャンルのアーティストともフィーチャリングしているので、楽しい。

今後も目が離せないアーティスト。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です