「TRANSIT(トランジット)41号」トラベルカルチャー誌でニューヨークを知る


おもしろい雑誌はないか探していた時、たまたま表紙がキレイだったので内容を見てみたらおもしろそうだなって思った。

スポンサーリンク


TRANSIT 41号


ニューヨークには夢がある!

出版社:ユーフォリアファクトリー

年間4冊発行されている。記事の内容もおもしろいけど、写真もキレイなので、写真付きの人も満足できる雑誌。


概要


ニューヨークの生活、カルチャー、人を知ることができるトラベルカルチャー誌。


学び


B.C.から2018年のニューヨークのヒストリーを簡易に書いていて、どんな過程で大都市になっていったのかを知れる。

他の国の人が、どの時期にニューヨークに移り住んできたか知れる。日本人は1800年代からって初めて知った。


印象に残った内容


いろいろな世代のニューヨーカーの特集がよかった。いろいろな人がいて、スタンダードなんてどこにもない。

財閥やマフィアの特集もおもしろかった。財閥は聞いたことがある家の名前があった。

9.11の特集ページもあり、一生覚えておくべき出来事だ。当時、飛行機がビルに突っ込んだ瞬間の映像は覚えていて衝撃的だったけど、知らない世代も、二度と起きないためには知っておくべき情報だと思う。


最後に


一度、観光でニューヨークに行ったことがあるけど、その時はニューヨークのほんの一部分しか見れなかったと思う。旅行ガイドブックにある情報だけじゃなくて、こういう本を読むことで、他の国や都市のことをより知ることができる。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。