沖縄・読谷村「残波岬」に打ち寄せる荒波がすごい

沖縄・読谷村「残波岬」に打ち寄せる波がすごい


日本には灯台がたくさんある。その中で見学できる灯台は16基ある。

そのうちの一つ、静岡県初島にある初島灯台には行ったことがある。

今回で2基目だ。

スポンサーリンク


残波岬


沖縄県・読谷村の国道58号線から県道6号線を北上したところにある。

読谷にある美味しいラーメン屋・麺屋あぐりでつけ麺を頂いた後に向かった。

岬周辺はでっかい公園になっていて、ビーチもある。駐車場はかなり広い。

車を停めてから灯台に向かったが、この時はちょうど雨風が強く飛ばされそうになりながら、広場を進んだ。

灯台につき、海側を見たら、天候が荒れてたのもあると思うけど、荒波が激しくて、水しぶきがこっちまで来そうなくらい荒れていた。

灯台の頂上まで登ることができ、200円だったのでせっかくなので登った。

ひたすら螺旋階段を登り、ちょっと目が回りそうになった。頂上までは縦のハシゴを上がり、帰りはこれを降りるんか…

頂上の外に出ると、360度見渡すことができ、海から打ち寄せる波が岩に衝突する映像が圧巻だった。

灯台はかなり高く、天候も荒れていたので、風がかなり強く吹き付け、手すりにつかまりながらでないと恐怖を感じるくらいだったので、高所が苦手な人は難しいかも…

景色を十分楽しんだので、帰りはハシゴはそろりと降りて、螺旋階段を下った。下りはかなり楽だったので、もっと段数を上がってきた気がした。

灯台の下には博物館っぽい場所があったので、灯台を少しお勉強してきた。

灯台、ケッコーいいね。


ヤギ


駐車場まで歩いて帰ってくると、ヤギを飼ってる柵を発見したので近くまで行ってみた。

角が立派なむっちゃいかついヤギと、ニワトリがポツンといた。お金を払ってヤギに餌をあげれるようだ。

餌をもらえると察知したら、向こう側にいたヤギも飛び跳ねねがら向かってきて、ヤギ達のがっつき具合にちょっと引いた。

小さい子供が餌をあげようとした瞬間、ヤギが鳴きながら柵に突進するくらいの勢いで子供の方にやってきたので、子供がコワいコワいって連呼しながらヤギに近づかなくなった。ヤギってこんなにもアグレッシブなんかって、新たな生態を知ることができた。

ビーチや公園があるところに、むっちゃでかいシーサーがいた。

外国人観光客も多かったので、ここも有名観光名所やな。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です