沖縄・南城市「知念城」は小さいけど立派な石垣の城跡だった

沖縄・南城市「知念城」は小さいけど立派な石垣の城跡だった


久高島に行きたかったが、乗る船の出航時間まで2時間ほどあったので斎場御嶽に行ったが、港に行くにはまだ時間がありそうだった。

近場で行けるトコを探していたら城跡を発見。これは是非行ってみよう。

スポンサーリンク


知念城


斎場御嶽から国道331号線を西に向かって車で走っていたが、どこかで北に行く道に入らねばいけないと思いつつ、道がよくわからず、かなり西に行きすぎてしまった。

来た道を戻って、東に進むと、知念バス停があり、そこの道を北に曲がってみた。

狭い道だったけど、道なりに進むと右手に駐車場が見えたので停めた。

道の反対側に、知念城に向かい下り坂があり、そこを進む。

ホンマにこんな森の中に城跡があるのか、かなり疑心暗鬼になりながら進むと、石垣の壁を発見。

壁をくぐると、小さいけど開けたスペースがあった。

勝連城、中城城、座喜味城跡とは違って、かなり小さい城跡だったけど、山の奥にあることに意味があるのかもと昔に思いを巡らせてみた。

大きさを表現すると、上記の3つの城跡がハリウッドセレブの豪邸だとすれば、この知念城はワンルームマンションの一室。こんな表現してバチが当たらないといいが・・・

世界文化遺産の琉球王国のグスク及び関連遺産群である3つの城跡とは全くスケールが違ったけど、辿り通までの楽しさがあったので、プチ・インディ・ジョーンズ、プチ・ララ・クロフト(トゥームレイダー)気分を味わえた。

観光に30分もかからないので、近くを通るときは行ってみて損はない場所。 バス停があるので、公共交通機関も使えなくはないが、レンタカーがあると便利。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です