「こころにすむおおかみ」ネイティブ・アメリカンが教えてくれる真理


8カ月ぶりの本の紹介。

韓国ドラマ「君を覚えていいる」で引用された文章がむっちゃよかったので、気になってついつい購入してしまった絵本。絵本やけど、真理が書かれている。

スポンサーリンク


「こころにすむおおかみ」


絵:oba

文・構成:中村光宏

再話提供:北山耕平

出版社:じゃこめてい出版


概要


ネイティブ・アメリカンのおじいさんが孫たちに教えてくれる人間の真理。


学び


人間の心には2匹のおおかみが住んでいる。その2匹のおおかみはそれぞれどんなおおかみなのか?


印象に残った内容


良いおおかみ。悪いおおかみ。それぞれが何を表しているのか。

最後にどちらのおおかみが勝つのか?って孫の問いへのおじいさんの返答が、なるほどってなる。その選択をするのはなかなか難しいけど、自分のこころにはいつでも良いおおかみが勝てるようにしたい。


最後に


簡単なストーリーと親しみやすい絵なのに、なぜこんなにも真理をついているのか?

絵本って奥が深いなって再認識させられた。他にも絵本を読んでみたい。


関連書籍



関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。