2020年下半期にヘビロテで聴いた10曲

2020年下半期にヘビロテで聴いた10曲


早いもので、2020年が本日で終わりますね。2020年はいろいろ大変な世の中でしたが、そんな状況でも、癒しを与えてくれたり、やる気を注入してくれたり、日々の活力を与えてくれたのが音楽でした。

2020年上半期によく聴いた10曲を紹介します。

スポンサーリンク


Beautiful People


アーティスト:Ed Shreeran Feat. Khalid

アルバム:No.6 Collaborations Project(2019)

この曲を聴いた時、ずっと誰が歌っているのか気になっていた。Ed Shreeranのこのアルバムの1曲目を聴いた時、この曲は!!って感動がありました。サビが一度聴いたら忘れられません。


I Don’t Care


アーティスト:Ed Shreeran & Justin Bieber

アルバム:No.6 Collaborations Project(2019)

この曲を聴いた時はJustin Bieberはすぐにわかりましたが、もう一人誰やろって思っていたら、こちらもEd Shreeran。Ed Shreeranはホントいい曲作るなって思いました。この曲聴いていたら、もうちょっと頑張ろうって思えてきます。Ed ShreeranとJustin BieberにI Don’t Careって言われたらかなり励まされます。


Rain On Me


アーティスト:Lady Gaga With Ariana Grande

アルバム:Chromatica(2020)

この曲が発表された当初、曲は知っていましたが、ミュージックビデオは観ていませんでした。渡辺直美のパロディのミュージックビデオを観て、渡辺直美はもちろんゆりやんのダンスも表情もアレンジもむちゃくちゃよかったから、その後本家のミュージックビデオを観ました。それきっかけでこの曲をより聴くようになった気がします。Lady Gagaはもちろんですが、やっぱりAriana Grandeも歌が上手い。


What Lovers Do


アーティスト:Maroon 5 Feat. SZA

アルバム:Red Pill Blues (2017)

これまでのMaroon 5の曲のイメージとは全く別だったので、初めて聞いたときはMaroon 5と気付かなかったです。SZAはブラックパンサーのエンディング「All The Stars」で知ったアーティストですが、その曲とはまた違った感じで、すごく楽しい曲です。SZAは歌が上手いから、どんな雰囲気の歌でも歌いこなす感じです。


when the party’s over


アーティスト:Billie Eilish

アルバム:WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?(2019)

全体的に暗い雰囲気なんですけど、Billie Eilishの力強さも感じられて、曲の美しさと儚さが心にしみわたる感じです。


Good Together


アーティスト:HONNE

アルバム:Warm On A Cold Night(2016)

SpotifyでITZYのリュジンのプレリストにあった曲で、聴いてみたら好きな感じでした。好きなアーティストがおすすめする曲を知れるのは、自分の見識が広がるから好きです。日本語の本音って言葉からとってHONNEにしたらしいです。


GOODBYE ROAD


アーティスト:iKON

アルバム:NEW KIDS(2019)

別れの曲で、サビでGoodbyeって歌っているのに、なぜか希望が持てるような感じを受ける雰囲気が好きです。


LOVE SCENARIO


アーティスト:iKON

アルバム:RETURN(2016)

アップテンポなのに、ちょっと哀しい感じがする雰囲気がすごい好きです。それぞれの声に特徴あるのがわかる曲です。


WANNA BE


アーティスト:ITZY

アルバム:IT’z ME(2020)

JYPのアーティストにはそんなに興味なかったんですが、ITZYのミュージックビデオ観た時のWANNA BEの肩ダンスが衝撃的でした。みんなダンスの基礎がしっかりしてる感じでキレがすごいです。WANNA BEの歌詞も自立してる感じがかっこいいです。早く日本デビューしてくれたら嬉しいです。


Lovesick Girls


アーティスト:BLACKPINK

アルバム:THE ALBUM(2020)

ついにBLACKPINKのニューアルバムが出ました。BLACK PINKの曲の中でも、1位、2位を争う好きな曲。曲の雰囲気も自分好みドンピシャです。ミュージックビデオもブラックな感じが好きです。

これまでBIGBANGしかほぼ聴いていなかったK-POPは、BLACKPINK、WINNER、iKONのYGのアーティストや、BTS、ITZYもよく聴くようになった。

アメリカのアーティストもこれまで聴いてたアーティストに加え、新たなアーティストを発掘できた1年でもあった。

2021年は、もっといろいろいい曲に出会っていけたらいいなって思う。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です