Michelle Branch(ミシェル・ブランチ)ガールズロックの第一人者


自分達世代のガールズロックの第一人者って誰?って聞かれたら、先ずはAvril Lavigneとこの人の名前を挙げる。

スポンサーリンク


Michelle Branch


アメリカ・アリゾナ州フラッグスタッフ出身のシンガーソングライター。


The Sprit Room (2001)


メジャーデビューアルバム。ガールズロックの先駆けなイメージがあるアルバム。好きな曲は、

Everywhere:むちゃくちゃカッコイイロックナンバー。サビがいい。Michelle Branchを知った曲。

You Get Me:優しく包み込んでくれる曲。

All You Wanted:ちょっと悲しげな雰囲気があるけど、力強いサビがいい感じ。

Goodbye To You:いつ聴いても涙が込み上げてくるバラード曲。一番好きな曲。

Drop In The Ocean:タイトル通り、水中にいる感じの癒される曲。


Hotel Paper(2003)


2枚目のアルバム。好きな曲は、

Are You Happy Now?:今聞いても考えさせられる歌詞の曲。

Find Your Way Back:すごい爽やかななサウンドで、道を示してくれている曲。

One Of These Days:聴いていて癒される曲。

Desoerately:ギターのサウンドが好き。

Hotel Paper:アルバムタイトルの曲。聴いていて癒される曲。

The Game Of Love:Santanaとのフィーチャリング曲。元気をくれる楽しい曲。グラミー賞もとった有名曲。

It’s You:哀し気で、泣きたい時に聴くと癒される曲。


Everything Comes And Gose (2010)


久しぶりのアルバム。相変わらずMichelle Branchさのある曲ばかり。好きな曲は、

Ready To Let You Go:ちょっとカントリー調なんやけど、ロック調な感じもあってすごくかっこいい。

Sooner Or Later:Michelle Branchっぽい明るめのサウンド。

I Want Tears:歌詞が好き。元気がもらえる曲。


最後に


どの時代のアルバムを聴いても、Michelle Branchらしいサウンドと変わらない歌声で、色あせないアーティストだと思う。

アルバムを出す頻度は少ないけど、何年かに1枚でいいので、定期的に曲はリリースし続けて欲しい。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。