映画「THE BATMSNーザ・バットマンー」コウモリの姿をしたダークなヒーローの新しいシリーズ


新しいバットマン・シリーズをロバート・パティンソンが演じるって聞いたので、絶対見てみようと思った。

スポンサーリンク


THE BATMSNーザ・バットマンー The Batman


2022年3月に公開された。


キャスト


ブルース・ウェイン/バットマン:ゴッサムシティおn億万長者。ロバート・パティンソン。

セリーナ・カイル/キャットウーマン:ナイトクラブの店員。ゾーイ・クラヴィッツ。

エドワード・ナッシュトン/リドラー:ゴッサムシティの有力者を殺害してなぞなぞを残す連続殺人犯。ポール・ダノ。

ジェームズ・ゴードン:ゴッサムシティ警察の警部補。ジェフリー・ライト。

カーマイン・ファルコーネ:ゴッサムシティの裏のボス、ジョン・タトゥーロ。

オズワルド・コブルポット/ペンギン:ファルコーネの側近、ナイトクラブの経営者。コリン・ファレル。

アルフレッド・ペニーワース:ウェイン家の執事。アンディ・サーキス。


あらすじ


ゴッサムシティで起こる犯罪を監視しているバットマンは、ゴッサムシティの市長などの連続殺人事件の犯人・リドラーを追う。


見どころ


ロバート・パティンソン演じるブルース・ウェイン/バットマンが、これまでの他のバットマンよりさらに陰気な雰囲気になっていて、より犯罪が多いゴッサムシティのイメージが強くなっている。

ずっと引きこもっているって設定のブルース・ウェインの顔色がむちゃくちゃ白過ぎて、その状況を表現している。色白のロバート・パティンソンを観ていると、トワイライトでバンパイアを演じた時を思い出す。

バットマンに出てくるヴィランは、結構えげつない犯罪をするので、観ているだけでも恐怖を感じてしまう。

生配信してる映像がインスタのライブっぽくて、スマホやSNSを使っている感じが、リブートされるごとに現代の機器も反映されているのがおもしろい。時代に適応しているきがする。

バットマンが乗っているバイクも車も、これまでのがっちりしたデザインじゃなくて、ライトな感じのデザインが、逆にかっこよかった。


好きなシーン


バットマンから車で逃げていたペンギンが、事故って車が反転した時に、足だけ見えて近づいてきて、下からのぞき込むバットマンがむちゃくちゃむちゃくちゃ怖い。

暗闇の中でバットマンが戦っているシーンで、光が銃の発砲のみの映像ががっこいい。暗闇の中でバットマンが戦っているイメージがより強調されているシーンになっている。

リドラーがダイナーで捕まった時、カプチーノの「?」マークが描かれていたのが地味に怖かった。

ゴードン警部補やキャットウーマンとよく落ち合う建設中の建物から、バットマンが街全体を俯瞰して見ているシーンがいくつか出てくるけど、ブルース・ウェイン、バットマンとしてどんなことを考えているのか気になった。

エンディングのナレーションの、「心の木津は破壊を生む。体の傷が癒えたとしても。だが乗り越えれば生まれ変われる。より強い存在に。耐える力と戦う強さを持つ者に。」

バットマンがキャットウーマンとの別れのシーンで、バイクに乗って2台で同じ道を走り、分かれ道で反対方向に向かって走るシーンが、この映画のストーリーを象徴している感じで、いいシーンだった。

Nirvanaの「Something In The Way」がBGMに使われていて、このバットマンの映画の雰囲気をより効果的に表現していた。


最後に


これまでのバットマンよりも、スーパーヒーロー感がある感じではなく、人間っぽいの雰囲気がある気がした。ヒーロー映画を観ているよりも、サスペンス映画を観ている感じ。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。