2022年に観返したいおすすめの韓国ドラマ6作品


韓国ドラマは日本ドラマより話数が多いので、様々なストーリー展開と主人公たち以外の人間関係も深く掘り下げている。また、アメリカのドラマとも違って、基本は1シーズンで終わるので、おもしろいから全シーズン制覇しないといけない長い道のりを歩まなくても済む。

これまで観た韓国ドラマの中で、何度でも観返したいドラマ5作品を紹介。

スポンサーリンク


僕が見つけたシンデレラ


月に1回、姿が変わってしまう女優ハン・セゲと人の顔が認識できない財閥御曹司で航空会社本部長ソ・ドジェのラブストーリー。

世間からは傲慢だと勘違いされるけど、困っている人を助けずには入れない心優しいセゲの生き方がかっこいい。


キム秘書はいったいなぜ?


超有能な秘書キム・ミソと財閥御曹司で超有能な副会長イ・ヨンジュンのラブストーリー。

ヨンジュン演じるパク・ソジュンのコミカルな演技と、完璧秘書のミソの仕事ぶりが楽しい。


あなたが眠っている間に


予知夢を見る能力を持つ記者ナム・ホンジュと新人検事チョン・ジェチャンのラブストーリー。

ぺ・スジがむちゃくちゃかわいい。事件が起こるのでサスペンス要素もあるし、泣ける感動要素もあり、最初から最後まで見ると全てがバシッとつながっているのでおもしろい。


力の強い女ト・ボンスン


代々怪力の能力を受け継ぐト・ボンスンとゲーム会社社長アン・ミンヒョクのラブストーリー。

ボンスンの怪力っぷりがむちゃくちゃ笑えるしスカッとする。


彼女の私生活


隠れてアイドル活動をしている超有能な美術館学芸員ソン・ドクミと天才画家の美術館館長ライアン・ゴールドのラブストーリー。

仕事は完璧に遂行し、オタク活動も全力投球するドクミと、超クールに見えてむちゃくちゃ天然なライアンのかけあいに元気をもらえる。


ヒーラー


駆け出しの記者チェ・ヨンシンと闇の便利屋ヒーラーことソ・ジョンフのラブストーリー。

悲しい過去を背負っていても一生懸命に生きるヨンシンとジョンフを観ていると元気がもらえる。ジョンフ演じるチ・チャンウクの怒りの演技が好きです。


最後に


韓国ドラマはラブストーリーがメインっぽいけど、並行していろいろな仕事の設定で一生懸命仕事をしている主人公たちを観ているのがおもしろいし、仕事に取り組むメンタリティーに学ぶものがある。


関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。